So-net無料ブログ作成

姫嶋神社 [大阪府の神社]

 大阪市西淀川区にある姫嶋神社は「やりなおしの神社」と言われています。
阿迦留姫命(あかるひめのみこと)という女性の神様が祀られていて、この神様は中国の新羅で王子だった天之日矛(あめのひぼこ)を夫として一緒に暮らしていたのですが、夫の傲慢な態度に我慢の限界が頂点に達してしまい祖国日本へ逃げ帰ることになりました。

日本へ戻った時には大分県にある姫島へ着いて暮らしていたのですが、この場所では中国の新羅から近いのですぐに夫にたどり着いて来られるのではないかという心配がありました。そのためさらに遠くへ移動して落ち着いた場所が現在神社が鎮座している西淀川区姫島の地であると伝えられています。

この新たな地で再出発をして世の女性たちに機織・裁縫・焼き物・楽器などを教えた阿迦留姫命は、「決断と行動の神様」として多くの女性たちに親しまれることになりました。
阿迦留姫命は今で言うところのカリスマ的存在だったと考えられます。
赤い玉から生まれてきて美しい女性であることから美の神様とも言われていて、御神徳は「再起復活」「女性の開運招福・心願成就」「美人祈願」などとなっています。

御神徳の内容が内容だけに、やはり女性の参拝客が多く、御朱印も女性受けしそうなものがたくさんありました。

【本殿風景】
提灯に挟まれるように内側にたくさんの風車が並んでいます。風の吹き方が良かったおかげで、順風満帆に事を進めることが出来た阿迦留姫命にあやかろうと風車が供えられているもので、良き風のご縁があるようにとの願いが込められています。
姫嶋神社 本殿.JPG


御朱印の種類は一種類だけではなく、限定御朱印もありました。
見本がこのように置かれていて、迷うこと数分…
御朱印見本_1.JPG

金文字で書かれた書置きの御朱印も…
御朱印見本_2.JPG


こちらも金文字が映える豪華な御朱印です。
御朱印見本_3.JPG


御朱印の出来上がりまで1時間以上はかかるとのことで、広々とした部屋の中で周りを見渡すと御朱印待ちをしている方の姿がたくさんありました。他にもいくつか神社を訪れるつもりでいましたがが予想外の時間をここで費やすことになったため、このあと他の神社へのお参りは諦めることにしました。
そのまま部屋の中で待っている間にお茶と御神酒の接待を受けましたので、炎天下の中でひたすら待つということも無く居心地の良い場所で落ち着いてゆっくり御朱印の出来上がりを待つことが出来ました。(日本酒は苦手なのですが折角ですので頂きました。)
待合室_1.JPG

地方の凝った造りの日帰り入浴施設でありがちな雰囲気に似た天井部分です。
綺麗に組まれた木が「神社=和」を改めて感じさせられます。
待合室_2.JPG


どれだけの人が気づいていたかわかりませんが、椅子の背もたれが鳥居の形になっています。
ここにも和が巧みに取り入れられていました。
背もたれが鳥居のような椅子.JPG


【御朱印】
御朱印は通常頂けるものから限定御朱印まで幅広く、月替わりで出されている御朱印まであります。
たくさんあって目移りしてしまいますが、用意されている御朱印を限定御朱印を含めてすべて頂くとなると、初穂料は5000円を超えることに!

とは言うものの、趣向の凝らされている御朱印ばかりですので、価値と頂いた時の感動はかなりあるかと思います。

なお、御朱印を拝受することが出来る日と出来ない日がありますので、詳しくは公式ホームページを参照してください。

常時頂ける赤い色の御朱印がこちらです。
見本のところで紹介している赤玉の見開き御朱印は今回頂いてきませんでしたが、次回頂きたいと思います。
姫嶋神社 御朱印.jpg


6月~8月の期間中、限定で頂ける期間限定の黄色を基調とした御朱印です。
6~8月限定御朱印(イエロー).jpg


こちらは8月限定の御朱印になります。
暑い日々が続く中で、この「涼風」の文字…
この文字だけでも暑さが凌げそうな気がします。
8月限定御朱印(ブルー).jpg


8月限定御朱印の見開きバージョンもありました。
凝ったデザインが施され、こちらでも「涼風」という文字が入っています。
花火やお化けちょうちんの絵柄も夏らしい感じが出ています。
8月限定御朱印 見開き.jpg


青色の紙に金文字で「順風満帆」と書かれた書置き仕様の御朱印です。
御朱印帳に直接記帳するものはなく、しかも8月限定のものになります。
8月限定御朱印 順風満帆.jpg


金文字で力強く「神縁」と書かれています。
こちらは薄い緑色を基調とした紙に笹の葉であろうと思われる絵柄が入っていて、さきの御朱印同様に書置き仕様のみとなっています。
文月の言葉として「神縁」という言葉を記した御朱印でしたが、この8月にも頂くことができました。
お気に入りの言葉でしたので手に入れることが出来て大変嬉しいです。
7月の限定御朱印だと思っていたのですが、書置きが余っていたのかどうか理由は定かではありません。
やりなおし神社の御神徳があったのか、早速、7月に戻って「やりなおし」ました。(笑)
7月限定御朱印 神縁.jpg


【はさみ紙】
御朱印が汚れないようにするはさみ紙も綺麗で風情のあるものでした。
花火の絵柄に季節感を感じます。
はさみ紙_2.jpg


反対側にはご祭神に因んだ言葉が書かれていました。
はさみ紙_1.jpg



アクセス
阪神電鉄本線姫島駅下車 西へ徒歩6分
大阪シティバス「姫島」下車 西北へ徒歩3分

鎮座地
大阪市西淀川区姫島4丁目14-2
公式ホームページはこちら

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。